Corporate Report 2018ミライトグループの事業

  • つくる。まもる。
  • 情報通信インフラを起点として、日々の暮らしと社会の営みをより便利に、そして安全・安心にする幅広いシステムをつくり(総合エンジニアリング/構築)、まもる(サービス/保守・運用)という事業を、国内外で展開しています。

  • NTT事業

    NTTグループの固定系通信設備の建設・保守・運用を東日本・西日本全域で手がけています。NTTグループが推進してきた光ファイバーネットワークの普及拡大を担い、現在は光コラボレーションモデルの進展に伴う工事を数多く実施しています。また、災害発生時には応急復旧工事や復興工事を通じ、通信ネットワークの守り手としての役割も担っています。
  • マルチキャリア事業

    移動体通信設備の建設・保守・運用を担い、高速・大容量化するモバイルネットワークを支えています。現在、4Gの高度化工事を実施しつつ、5Gのトライアルにも参画しています。
    また、通信キャリア向けの固定通信設備の建設・保守、CATV関連工事、海外(オーストラリア、フィリピン、ミャンマー、スリランカ)における固定・移動体通信設備の建設・保守も行っています。
  • 環境・社会イノベーション事業

    太陽光発電設備、 EV充電設備、蓄電池関連設備建設・保守・運用を手がけ、新しいエネルギーインフラの普及を支えています。また、無電柱化(電線地中化)工事やLED設置を含む電気・空調関係の工事も行い、次世代の環境・社会インフラの構築に貢献しています。
  • ICTソリューション事業

    ICT技術により、 LANやWi-Fiの導入、セキュリティの確保、ビルマネジメントの高度化、業務効率化の促進といった社会やビジネスの幅広い課題に応える高品質なソリューションを提供します。ソリューションの幅をさらに広げるために、データセンターの構築・運用やドローンの活用にも着手しています。

海外における事業展開状況

オーストラリアマルチキャリア

  • 大手通信会社からの受託で、日本よりはるかに広い東部4州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クィーンズランド州、タスマニア州)に点在する所外設備更改工事を手がける(2017年からの3年間で5万件)
  • 現地の工事パートナーの能力をデータベース化し、工事の標準化を行っているほか、工事を遠隔集中的に監視するITツールも独自開発し、効率的な工事を実施

フィリピンマルチキャリア

  • フィリピン政府が推進するブロードバンド化、大手通信キャリアにおけるFTTH化の要請に対応
  • 首都マニラだけでなく、セブ市、バコロド市や南部のダバオ市にも拠点を展開

ミャンマーマルチキャリア

  • 大手通信キャリアから所外工事の主要会社として認められ、光バックボーンを3,000km施工(2018年3月末現在)
  • ミャンマー第2の都市マンダレーに工事事務所を持ち、地盤困難エリアや遠隔奥地での工事能力を発揮。首都ネピドーでの工事も担当
  • 仏教国であるミャンマーで、他宗教のエリアにおいても、文化の尊重などの配慮を行いながら工事を実施

シンガポールICTソリューション

  • 2016年6月、アジア13カ国・地域でLANの設計・施工・保守・コンサルティングおよび機器販売事業を展開するLantrovision社を完全子会社化
  • 28都市で営業拠点顧客基盤を持つ同社との連携により、ミライトグループとしてインバウンド(多国籍企業の日本拠点)やアウトバウンド(日本企業のアジア拠点)のLAN工事需要を開拓